自分の死と隣り合わせの状況で
目の前の人命を最優先に

子供の頃から夢だった消防士、そして憧れの「航空隊」。
勤続10年にして、念願の航空隊に入ることができました。
ヘリコプターで救助を行う航空隊は“最後の砦”、
地上からは行けない山間部などでの救助にあたります。
実際の現場では、足をつける場はなく自分自身の死をも意識。
死と隣り合わせの条件下でも、集中力を決して切らさず
責任感と冷静な判断力を持つことが不可欠です。
常に要救助者の安全・安心を最優先に任務を遂行します。

消防士 笹田 丞

子供の頃から夢だった消防士、そして憧れの「航空隊」。勤続10年にして、念願の航空隊に入ることができました。ヘリコプターで救助を行う航空隊は“最後の砦”、地上からは行けない山間部などでの救助にあたります。実際の現場では、足をつける場はなく自分自身の死をも意識。死と隣り合わせの条件下でも、集中力を決して切らさず責任感と冷静な判断力を持つことが不可欠です。常に要救助者の安全・安心を最優先に任務を遂行します。

体の負担が減ることで
精神的な支えになる

救助では、何十kgという防火衣やベストを着用します。
服の中は暑く、汗もたくさんかきますが、
速乾性のあるこのインナーは非常に快適です。
背中が引っ張られることで姿勢がよくなり、
気持ちも引き締まるように感じました。
過酷な環境で長時間活動し続ける際、
体の負担を軽減することができるので、
精神的な支えにもなってくれると期待しています。

消防士 笹田 丞

救助では、何十kgという防火衣やベストを着用します。服の中は暑く、汗もたくさんかきますが、速乾性のあるこのインナーは非常に快適です。背中が引っ張られることで姿勢がよくなり、気持ちも引き締まるように感じました。過酷な環境で長時間活動し続ける際、体の負担を軽減することができるので、精神的な支えにもなってくれると期待しています。

着用モデル TIGORA TOP BODY
BACK