毎日の仕事は住む人の“特別”
ということを忘れてはいけない

建設現場で内装資材を搬入する「荷揚げ」が自分の仕事です。
主な資材は1枚10kg以上の石膏ボード。最初のうちは
一度に3枚が限界でしたが、甘えの許されない厳しい現場で
ひたすら体を慣らしていきました。今では一度に5枚以上、
50~60kgの資材をトラックから現場まで何度でも運べます。
これまで何万回と繰り返した作業ですが、昔先輩に言われた
「一つ一つが商品だと思え」という言葉を胸に刻んでいます。
一生に一度の家。住む人のことを考え、仕事に魂を込めます。

建設業 山田 一幸

建設現場で内装資材を搬入する「荷揚げ」が自分の仕事です。主な資材は1枚10kg以上の石膏ボード。最初のうちは一度に3枚が限界でしたが、甘えの許されない厳しい現場でひたすら体を慣らしていきました。今では一度に5枚以上、50~60kgの資材をトラックから現場まで何度でも運べます。これまで何万回と繰り返した作業ですが、昔先輩に言われた「一つ一つが商品だと思え」という言葉を胸に刻んでいます。一生に一度の家。住む人のことを考え、仕事に魂を込めます。

動きを後押しするインナーが
荷揚げのスピードアップにつながる

50kg以上の資材を何度も運ぶ作業はやはり足腰にきます。
その点このインナーは立っているだけでもサポート力を感じ、
疲れにくく、体への負担を減らしてくれました。
荷揚げは1日の件数をどれだけ増やせるかがポイントです。
自分自身の数値目標を設け、事前にしっかりと計画を組み、
トラックの状況を把握。臨機応変な対応も求められます。
そのとき吸汗発散の優れたインナーがあれば作業に集中でき、
動きもよくなるため、よりスピーディーに仕事が進みます。

建設業 山田 一幸

50kg以上の資材を何度も運ぶ作業はやはり足腰にきます。その点このインナーは立っているだけでもサポート力を感じ、疲れにくく、体への負担を減らしてくれました。荷揚げは1日の件数をどれだけ増やせるかがポイントです。自分自身の数値目標を設け、事前にしっかりと計画を組み、トラックの状況を把握。臨機応変な対応も求められます。そのとき吸汗発散の優れたインナーがあれば作業に集中でき、動きもよくなるため、よりスピーディーに仕事が進みます。

着用モデル TIGORA TOP BODY
BACK