INPUTを増やすことで
“今”の自分の可能性を広げる

他のスポーツとは違い、ダンスは自己との対峙。
鏡と向き合うことは自身を客観視することでもあります。
誰かに見られている自分を意識してトレーニングすることで
初めて人を魅了できる踊りができるのだと思います。
また、ダンスに答えはなく、常に新たな表現を探しています。
若いときにできた動きが年々できなくなることを受け入れ、
INPUTを増やし“今”だからできる踊りにつなげていく。
古きも新しきも貪欲に吸収し、自分の表現を見い出すのです。

ダンサー Satoshi Miya

他のスポーツとは違い、ダンスは自己との対峙。鏡と向き合うことは自身を客観視することでもあります。誰かに見られている自分を意識してトレーニングすることで初めて人を魅了できる踊りができるのだと思います。また、ダンスに答えはなく、常に新たな表現を探しています。若いときにできた動きが年々できなくなることを受け入れ、INPUTを増やし“今”だからできる踊りにつなげていく。古きも新しきも貪欲に吸収し、自分の表現を見い出すのです。

インナーで動きが研ぎ澄まされ
自らの世界観に没頭できる

初めてのインナーは、もう1枚の皮膚をまとうような感覚。
全身に違和感なくフィットし、動きをしっかりサポート。
体のブレや汗など集中の妨げが解消されることで、
いつも以上に音に身をゆだね、踊りの世界に没頭できました。
40歳を前にして思うこと、それは「生涯踊り続けたい」。
そのためにヨガやストレッチなどの体作りも重視しています。
体の軸のブレを軽減してくれるこのインナーを着れば
体幹を鍛える上でも効果が期待できそうです。

ダンサー Satoshi Miya

初めてのインナーは、もう1枚の皮膚をまとうような感覚。全身に違和感なくフィットし、動きをしっかりサポート。体のブレや汗など集中の妨げが解消されることで、いつも以上に音に身をゆだね、踊りの世界に没頭できました。40歳を前にして思うこと、それは「生涯踊り続けたい」。そのためにヨガやストレッチなどの体作りも重視しています。体の軸のブレを軽減してくれるこのインナーを着れば体幹を鍛える上でも効果が期待できそうです。

着用モデル TIGORA TOP BODY
BACK