自分らしい表現を追い求め
心が動く瞬間を撮り続ける

21歳のとき、ユーラシア大陸横断の旅に出ようと思い立ち、
出発前に父からフィルムカメラを借りたのがすべての始まり。
今この瞬間しかない目の前の光景に心が動く…。その一瞬を
写真としてアウトプットするという表現に魅せられました。
写真の世界では「自分らしさとは何か?」が永遠の課題です。
近道はなく、テーマを見つけてはひたすら撮り続けています。
そして、何かを始めるのに遅いということはありません。
現状に慢心せず、変化を恐れず、新たな表現を模索します。

フォトグラファー 安川 啓太

21歳のとき、ユーラシア大陸横断の旅に出ようと思い立ち、出発前に父からフィルムカメラを借りたのがすべての始まり。今この瞬間しかない目の前の光景に心が動く…。その一瞬を写真としてアウトプットするという表現に魅せられました。写真の世界では「自分らしさとは何か?」が永遠の課題です。近道はなく、テーマを見つけてはひたすら撮り続けています。そして、何かを始めるのに遅いということはありません。現状に慢心せず、変化を恐れず、新たな表現を模索します。

気が散る要因をインナーが解消し
目の前の被写体だけに集中できる

50歳を過ぎてから全国を測量し始めた伊能忠敬に触発され、
メートル法の起源であるダンケルク~バルセロナの子午線を
撮影しながら辿りました。全行程を歩き、距離は1700km以上。
コンプレッションインナーとともに旅をしてきましたが、
ストレスのない着心地で通気性がよく歩いていて快適でした。
撮影中は屈んだり寝そべったりムリな体勢も多いですが、
しっかりサポートしてくれて、まさに頼れるパートナー。
外気温や汗も気にならず、被写体とより深く向き合えます。

フォトグラファー 安川 啓太

50歳を過ぎてから全国を測量し始めた伊能忠敬に触発され、メートル法の起源であるダンケルク~バルセロナの子午線を撮影しながら辿りました。全行程を歩き、距離は1700km以上。コンプレッションインナーとともに旅をしてきましたが、ストレスのない着心地で通気性がよく歩いていて快適でした。撮影中は屈んだり寝そべったりムリな体勢も多いですが、しっかりサポートしてくれて、まさに頼れるパートナー。外気温や汗も気にならず、被写体とより深く向き合えます。

着用モデル TIGORA TOP BODY
BACK