職人たちのモチべーションを上げ
要求以上の仕上がりで応える

工場や店舗などで床の塗装前に行う「下地処理」、
床材の切削や研磨の処理が塗装の仕上がり品質に直結します。
建物の仕上がりに関する重要な役割として心掛けていること、
それは「ニーズを読み取り、プロとしてそれ以上で応える」。
そのためには現場の職人たちの士気を高めることが大切です。
コストや仕様面などは経営者の自分が全責任を持って管理し、
いいものに仕上げることだけに職人が全精力を注げるよう、
そしてお客様に満足してもらえるよう、最善を尽くします。

床下地処理業 前坂 大司

工場や店舗などで床の塗装前に行う「下地処理」、床材の切削や研磨の処理が塗装の仕上がり品質に直結します。建物の仕上がりに関する重要な役割として心掛けていること、それは「ニーズを読み取り、プロとしてそれ以上で応える」。そのためには現場の職人たちの士気を高めることが大切です。コストや仕様面などは経営者の自分が全責任を持って管理し、いいものに仕上げることだけに職人が全精力を注げるよう、そしてお客様に満足してもらえるよう、最善を尽くします。

姿勢や動きをインナーが補正し
力のロスや疲れを軽減できる

下地処理では、大型のもので約400kgの機械を扱います。
1工程5~6時間の作業で、切削や研磨の振動に負けないよう
しっかり踏ん張り続けるための腕力や体幹が必要。
今回着たインナーはロスの少ない姿勢に補正してくれて、
長時間の作業でも疲れが減ったように感じました。
また、工程ごとに行う機械先端の刃の交換は、全体重を使い
機械を持ち上げるという負担の多い作業ですが、
足腰をサポートしてくれるインナーがあれば安心です。

床下地処理業 前坂 大司

下地処理では、大型のもので約400kgの機械を扱います。1工程5~6時間の作業で、切削や研磨の振動に負けないようしっかり踏ん張り続けるための腕力や体幹が必要。今回着たインナーはロスの少ない姿勢に補正してくれて、長時間の作業でも疲れが減ったように感じました。また、工程ごとに行う機械先端の刃の交換は、全体重を使い機械を持ち上げるという負担の多い作業ですが、足腰をサポートしてくれるインナーがあれば安心です。

着用モデル TIGORA TOP BODY
BACK